忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
膠原病・筋炎患者の日記 というよりは雑記
twitter
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
保健室。
小中学ではお世話になるどころか立ち寄る事すらほとんど無かった記憶があります。

しかし、高校での発病復学後は、当たり前ですが保健室にお世話になる事は多かったです。
かと言って保健室にまつわる青春エピソードがあるかと言われると、さてどうでしょう

“聞いて”を学ぶ保健室 〜NHK おはよう日本
http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/04/0406.html

リンクしてみましたが今回書く内容はほぼ関係ないでふ。
ただ、この記事にもあるよう、自分も先生が退職される際に挨拶に伺いました。


当時、今みたいにネットが普及しているわけでもなく、周囲も年下しかいませんでした。
加えて、ただでさえ委員長タイプだった自分はしっかりせねばという意識が強かった。
(今思えばこの意識強くて、色々な人の好意を無にした気もする)
だから、年上(だけど年齢は近く)で、養護教諭という事でその手の知識もある程度あって、また保健室という場所の力もあるのか、自分の事を色々と話せる場所には違いなかったです。

卒業して、WEBサイト開設して、と歩んでいったのも、この時の経験が影響しているのかもしれません。
自分にとってはそんな場所でした。

保健室の先生以外でも、大人になったというより、元気になった今、お会いしたい先生は何人かいます。
でもなかなかそんな機会は訪れないですよね。


ちなみに一番お世話になったと感じる保健室の先生は、若くてオシャレめなお姉さんだった印象があります。
…どう考えてみても、そんな事は関係ない、なんてそんなわけないかもしれない。
PR
≪  335  334  332  331  330  329  328  327  326  325  324  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
プロフィール
HN:
モ 氏
HP:
自己紹介:
1995年16歳で皮膚筋炎発病。
今に至る。
略しすぎなので詳細は自サイトにて。

↓その他日記
あ、それロン(趣味日記)
旧エブリデイ(~2006年10月)

メールはこちらから
最新コメント
[07/11 まめ]
[01/03 milktea]
[09/20 ちか]
[09/14 匿名希望のGM]
[09/12 milktea]
カウンター
忍者ブログ [PR]